出典:湘南美容クリニック

 

涙袋があると目が大きく見えたり、優しい印象になる効果があります。

 

最近では、メイクで涙袋を作る人も増えているようですが…

 

「上手に涙袋を書けない」
「メイクが崩れるとクマみたいになる」

 

そんな悩みをお持ちなら、手軽にできるヒアルロン酸注入の涙袋整形をオススメします。

 

この記事では

  • 涙袋整形でオススメの美容外科クリニック
  • 涙袋整形の費用
  • 涙袋整形の特徴【ヒアルロン酸注入】
  • 涙袋整形の注意点

以上について解説しています。

 

銀座で涙袋整形がおすすめのクリニック5選

湘南美容クリニック

 

全国にクリニックを構える大手の湘南美容クリニックでは症例数も多く、各院のドクターも経験が豊富なため安心して任せられますね。

 

また、大手の中でも特に料金がリーズナブルなので、費用を安く抑えたい人におすすめです。

 

涙袋整形の料金(税込)

 

ヒアルロン酸注入

1t 38,470円〜
0.3cc 18,000円

 

湘南美容クリニック 銀座院の詳細

 

東京都中央区銀座1丁目3番9号 マルイト銀座ビル2階
【電話番号】 0120-049-055
【アクセス】 銀座一丁目駅 3番口すぐ
銀座駅C6出口 徒歩3分
有楽町駅京橋口 徒歩2分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

品川スキンクリニック

 

品川スキンクリニックも全国に院を構える大手で、症例数も方法なためカウンセリングでも的確なアドバイスを受けられます。

 

当日に入会できるBMC会員になれば、表示料金よりさらに20%OFFでほとんどの施術が受けられるので費用を抑えたい人には嬉しいですね。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 片側 41,660円〜

 

品川スキンクリニック 銀座院の詳細

東京都中央区銀座1-3-9 マルイト銀座ビル4階
【電話番号】 0120-865-800
【アクセス】 有楽町駅京橋口 徒歩2分
銀座一丁目駅3番出口 徒歩1分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

東京美容外科

 

涙袋に使うヒアルロン酸は麻酔入りなので、痛みをほぼ感じないで注入することができます。

 

術後の安心保証制度もあり、アフターサービスもばっちりですね。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 1本 35,000円〜

初回 22,000円

 

東京美容外科 東京銀座院の詳細

東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F
【電話番号】 0120-658-958
【アクセス】 銀座駅から徒歩8分
新橋駅から徒歩5分
【診療時間】 10:00〜19:00

 

 

 

 

 

 

東京イセアクリニック

 

東京イセアクリニックではヒアルロン酸を何CC注入しても料金は一律50,000円です。

 

さらに1ヶ月以内なら再注入もなんと無料!

 

ご希望の方には表面麻酔や笑気麻酔も無料でつきますのでありがたいですね。

 

涙袋整形の料金(税込)
ヒアルロン酸注入 両目 50,000円

 

東京イセアクリニックの詳細

東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F
【電話番号】 0120-963-866
【アクセス】 銀座駅「C2出口」より徒歩2分
【診療時間】 11:00〜20:00

 

 

 

 

 

 

銀座みゆき通り美容外科

 

目の下のたるみや、いわゆる「目のクマ」の治療に定評があるクリニックで、クマがあるから涙袋が目立たないという方に特におすすめです。

 

涙袋だけをやりたい人にも適格なアドバイスが受けられます。

 

涙袋整形の料金(税別)
ヒアルロン酸注入 1本 76,000円

 

銀座みゆき通り美容外科 東京院(銀座)の詳細

東京都中央区銀座6-8-3 銀座尾張町TOWER6階
【電話番号】 0120-858-800
【アクセス】 銀座駅A2出口より徒歩2分
東銀座駅A1出口より徒歩5分
有楽町駅より徒歩7分
【診療時間】 10:00〜20:00

 

涙袋整形の特徴【ヒアルロン酸注入】

 

 

涙袋整形には

  • ヒアルロン酸注入
  • 脂肪注入
  • 外科手術
  • と言った方法がありますが、オススメなのはメリットの多いヒアルロン酸注入です。

     

    ヒアルロン酸注入のメリット

    • 施術時間は最短で5分
    • ダウンタイムがいらない
    • 痛みがほとんどない
    • アレルギーの心配がない
    • 微調整できる

     

    忙しい人でも受けられる

    施術時間が短いことはもちろん、通院も要りません。

     

    施術当日からメイクや入浴ができるので、普段通りに過ごすことができます。

     

    腫れる心配もなく、仕事を休んだりしなくても大丈夫です。

     

    追加や修正ができる

    ヒアルロン酸は、少量ずつ注入しましょう。

     

    もう少し涙袋を大きくしたいと思った時は、あとから追加することができます。

     

    もしも入れすぎた!と思ってもヒアルロン酸を分解する注射「ヒアルロニターゼ」があるので、元に戻すことはできます

     

     

    ただ、入れすぎた分を減らすより、追加する方が微調整がしやすく、費用も抑えられます。


     

    ヒアルロニターゼの注意点

     

    ヒアルロン酸はヒトの体内にある成分で、アレルギーを起こす心配がほとんどありません。

     

    しかしヒアルロニターゼはまれにアレルギーを起こす人もいるので注意が必要です。

     

    他にも

  • 注入したヒアルロン酸が固まってしこりになっている
  • ヒアルロン酸以外のものが混ぜられている
  •  

    このような場合はヒアルロニターゼでは分解できず、切開による摘出となってしまいます。

     

    ヒアルロン酸注入のデメリット

    • 永久的な効果がない
    • 医師との相性で成功確率が変わる

     

    ヒアルロン酸は何もしなくても自然に分解される

     

    だいたい3〜6ヵ月で分解され、体に吸収されるので、涙袋を維持するには再注入が必要です。

     

     

    目袋に注入したヒアルロン酸は、他の部位に比べて長持ちする傾向にあり、1年以上維持することもあります。


     

    医師選びはカウンセリングが重要

    どんなに評判の良い医師でも、自分の希望に合った涙袋を作ってもらえなければ成功したとは思えないでしょう。

     

    実際のカウンセリングでの印象などで、自分に合った医師を見つけることが大切です。

     

     

     

    【涙袋整形】ヒアルロン酸注入で失敗しないポイント

    内出血

    注射針で血管が傷つき、内出血を起こすことがあります。

     

    1〜2週間で自然に治るので、それまでは内出血の部分に触れずにいてください。

     

    こすったりすると内出血が広がる場合があります。

     

    施術当日はそれ以上、内出血が広がらないように、血行が良くなることは避けましょう。
    例)激しい運動、長風呂、マッサージ

     

     

    マイクロカニューレという針の先端が丸い、内出血しにくい注射針を使用しているクリニックを選ぶことでリスクを下げられます。


     

    目の下のたるみ


    出典:もとび美容外科クリニック

     

    目袋と呼ばれる目の下のたるみがある人は注意が必要です。

     

     

    目袋をそのままにして涙袋を作ろうとすると、この2つが合体して大きなたるみができてしまいます。


     

    まずたるみを解消する施術を受けましょう。

     

     

    たるみがなくなることで、自然に涙袋が現れることもあるんです。


     

    ヒアルロン酸以外の涙袋整形

    脂肪注入

    自分の体から採取した脂肪を涙袋に注入します。

     

    メリット

    • 自分の脂肪を使うので安全
    • 周りの組織に馴染まないので、ハッキリとした涙袋が作れる
    • ヒアルロン酸のように消えない

     

    デメリット

    • 脂肪を採取するため、体に負担がかかる
    • 注入のほか、採取の費用もかかる
    • どのくらいの量が残るかわからないため、仕上がりの予測が難しい
    • やり直すには切開して脂肪を取り除くしかない